7.22

 

今回のイベントで

 

料理人仲間と一番盛り上がった瞬間。

 

 

1ステージ目の演奏の後半に

 

仲間みんなで一気に肉まんを包んで蒸しあげたんです。

 

 

みんな包んだことないのに、

 

やっぱり料理人。

 

見よう見まねで、ものの10分もかからず終えました。

 

 

ファミリアのけんちゃんと最初の打ち合わせの段階で、

 

キーワードは、『粉』だったんです。

 

お互いが共通するもの。

 

普段よく手にしてるもの。

 

そこからこのアツアツの肉まんを提供してみようと。

 

その場で包んで、その場で提供する。

 

たった一度だけのリハーサルで(笑)

 

 

あれは、自分たちの中で、

 

ホントにライブ感満載でした(^^♪

 

 

蒸しあがった肉まんは、音の飛鳥くんが、みんなに提供してくれて。

 

あの場は盛り上がりましたね〜。

 

 

あの肉まんの具は、

 

けんちゃんが、イノシシ肉と豚のミミなどを用意してくれて

 

あとは野菜を足して、自分が味を入れたんです。

 

初めての、イノシシ肉の肉まん。

 

美味しかったですよね。

 

 

 

みんなが同じ方向を向いてやると

 

予想をはるかに上回ることができる。

 

わかっていても、普段の営業ではなかなか実現出来なかったことを、

 

今回あらためて、この重要性を感じました。

 

すごくいい経験をさせてもらいました。

 

みんなありがとう!!