ありがとうございました

 

昨日、3月31日をもって
 

 

無事、雨月の営業を終了させていただきました。
 

 

 

閉店にあたり、
 

 

地元や、県外の沢山のお客様から
 

 

メッセージやプレゼントをいただいたり、
 

 

沢山の方に、お店まで足を運んでいただきました。
 

 

本当にありがとうございました。
 

 

 

16年間、ここ東長崎の地で雨月をやってこれたのは、
 

 

自分をここへ導いてくれた両親、
 

 

家族も同時に支えてくれた嫁、
 

 

お店に携わってくれた歴代のスタッフ、
 

 

沢山の音楽仲間、
 

 

沢山の料理人仲間、
 

 

無理をだいぶ聞いてくれた業者の方々、
 

 

ご来店していただいたすべてのお客様のお陰です。
 

 

前回も書きましたが、
 

 

右も左もわからない状況で、勢いで雨月をオープンしてしまい、
 

 

お店をやりながら、いろんな人と出会い、
 

 

料理はもちろん、人間的にも成長させていただいたと思っています。
 

 

 

ここ雨月と、毎日のように、一日20時間くらいかな
 

 

一緒に過ごしてきたので、
 

 

何時間もかけて、仕込みや片づけをしてきた日々から解放される安心感とは別に
 

 

今でも信じ切れず、やっぱり少し寂しい気持ちもあるんです。
 

 

時間をかけた分、思い出もたくさんありますね。
 

 

最終日の営業の遅い時間からは、涙が止まりませんでした。
 

 

 

これから、この16年間得た事を、
 

 

次の『かわしも』に繋げていきたいと思っています。
 

 

16年前と同じように、
 

 

また新参者として、新たな地で頑張っていきますね。
 

 

是非、今後とも応援よろしくお願いします。
 

 

 

最終日、31日、
 

 

同級生や、常連のお客様、
 

 

家族ぐるみの友達、
 

 

歴代スタッフのみんな、
 

 

音楽仲間、料理人仲間
 

 

東京から、パーカッショニスト、DJのまつくん、
 

 

元ジャバループのドラマー、陽平ちゃんも駆けつけてくれて、
 

 

皆で盛り上がって、営業を終えました。
 

 

最終日にふさわしい、最高に盛り上がった夜でした。
 

 

みんなありがとう!!
 

写真を撮ってくれた平田くん、ありがとねー。
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 
みんなありがとう!!

 
雨月お疲れ様ーー!!